1人麻雀その3

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
フォーラム店長の山本です。

今回は1人麻雀その3です。
早速スタート!
まずは配牌です。(東一局親番と仮定)
ぱっと見、チートイドラドラ!
ドラが3枚あるのでタンヤオのメンツ手が出来ても嬉しい。ということで今後の方向性を占う第1ツモは?↓
翻牌の発の重なり!
タンヤオには遠ざかりましたが、チートイに近づく上にポンしても良いですね。メンツ手を見切ってチートイに向かうなら3マンから?
聴牌時の待ちがペン7マンやカン2マンというのもなんだかなぁという感じ。んーどうしましょうかね…↓
チートイになった場合、単騎待ちを端牌や字牌待ちにしたいと考えるので、1人麻雀ではなく実践なら私は8マンか1マン辺りを切り出していくスタイルですが、まずは西から切り出して様子見。
そして順目が進みツモ5マン。チートイイーシャンテンですが、シュンツ手にもトイツ手にもなりそうです…↓
打8マンとしました。
チートイのシャンテン数を変えずにペン7マンの受け入れを嫌います。赤5ピン側のくっつきがあればタンヤオへの移行も考えます。9マンからじゃないのは8マンと9マン待ちのチートイ聴牌になった時に9マン待ちにしたいから。
赤5ピンの縦引きも嬉しいですね。そしてこんな形になりツモ6マンときた所で↓
打5マンも考えましたが、打5ピンとしました。メンツオーバーなので5ピン縦引きとメンツ化を見切りました。打5ピンとするならば残りの対子はポンポンとしていってもいいかなと思います。そもそもこの順目までに発が出ていれば私は鳴いてます。1人麻雀なのでポンがありませんが、仮に実践でこの順目まで発が出てこない場合は誰かともちもちになっていることも考えておきましょう。そして、順目も深くなりツモ4ピン。打5マンだとトイトイを見切る形ですが…↓
4ピンツモ切りしました。
1人麻雀なので難しい所なんですが、これは周りの状況が重要で実践ならばもうオリてるかもしれません。打4ピンとしたのはツモ3ピンときた時にドラの2ピンをこの終盤で切れないと思ったから。まぁ、場況がわからないので他の牌も危険なんですけどね…
それから2ピンか6ソーか発のポン聴を取れるということも忘れずに。
さてツモ7マンときましたが、まぁ聴牌する可能性を考えるなら↓
5マンを切ってチートイイーシャンテンの形で流局。

1人麻雀だとこういうトイツ手を和了るのは難しいです。麻雀は4人いるからこそ生まれる和了りがあるということ。縦に引くというのは受け入れが少ない=メンツが作りにくい
。ですが、ポンという飛道具があり実践ではこの限りではありませんので悪しからず。ちなみに三暗刻が2翻なのは腑に落ちないと思っている派ですw

ポンやチーといった鳴きはとても難しいものです。手が早くなる代わりに防御力が落ちるとか打点が下がると言われますが、そんなこともない場合も多々あります。が、麻雀覚えたての方にはまずメンゼンの手作りを覚えてほしいです。メンゼンの限界を知ってから鳴きを組み込むやり方をオススメします。
守りが弱くなるのは間違っていないし、打点が下がることもあります。何より警戒感が上がるので欲しい牌が出なくなる可能性が高くなり聴牌すら出来ないこともあります。

たまたまーじゃんと言われないように頑張りましょうw




麻雀×映像制作 麻雀STUDIO「フォーラム」

福岡県大野城市にある麻雀店。麻雀好きが集まる「フォーラム」の公式ホームページです。通常の雀荘業務とあわせて、店内に撮影スタジオを完備しており、麻雀動画の撮影や麻雀イベントの生放送など映像コンテンツも配信しています!車でお越しの方には嬉しい大型の無料駐車場付き!(パチンコ屋さんの立体駐車場をご利用できます)福岡市、大野城市、春日市、太宰府市、筑紫野市、糟屋郡付近で麻雀するならぜひ「フォーラム」へ。

0コメント

  • 1000 / 1000